不要なソフトのチェックを解除してくれるソフト「Unchecky」の 紹介

技術的な話

 どもです。

 なんだか、最近は、いろんなところで、大雨が降っていますね。
 皆さんのところでは、大丈夫ですか?

 さて、今回は、気が向いたので、ソフトの紹介をしたいと思います。
 今回は、ソフトウェアのインストール時に、不要なソフトウェアのチェックを自動的に解除してくれるソフト「Unchecky」というものをご紹介します。
 これを使うと、Sk○peインストール時にBi○gをデフォルトの検索エンジンにされたり、M○Nをホームページにされたりとか、また、Go○Playerのインストール時にH○o123が勝手に入ったりすることを防ぐことができます。
 ☆ 例によって見出しタグをつけています。

ダウンロード

 まずは、Uncheckyのダウンロードです。
 Uncheckyは、Uncheckyの公式ページから、無料でダウンロードできます。
 上記のページを開いたら、「ソフトのインストール中、無関係なチェックを外すのにうんざりしませんか?」という見出しの数行下にある「ダウンロード」というリンクをクリックしてください。
 すると、いつものファイルの保存のダイアログが出るので、適当なところに保存してください。

インストール

 ダウンロードが終わったら、ダウンロードした「unchecky_setup.exe」を起動して、インストールを開始しましょう。
 インストール画面が開いたら、「インストール」ボタンをクリックするだけです。
 ちなみに、「詳細オプション」というボタンを押すと、インストール先を変更できますので、変更したい場合は、適宜変更してください。
 ☆ インストールを開始すると、ユーザーアカウント制御が表示される場合があるので、表示されたら、許可してあげましょう。
 すると、すぐにインストールが終了して、「終了」というボタンが出てくるので、それをクリックすれば、完了です。

インストール後

 インストールが終わると、Uncheckyがシステムに常駐して、ソフトのインストール時などに不要なプログラムのインストールを求められた際、チェックを自動的に外してくれます。
 これを使うことで、上記にも紹介したとおり、Sk○peインストール時にBi○gをデフォルトの検索エンジンにされたり、M○Nをホームページにされたりとか、また、Go○Playerのインストール時にH○o123が勝手に入ったりすることを防ぐことができます。
 ちなみに、Go○PlayerについてくるH○o123のチェックは、どうやっても自力で解除できないので、かなり役に立つと思います。
 ぜひ、みなさんも試してみてください。

 ということで、今回は以上です。