GMailで未読メールだけを抽出する方法

技術的な話

 どもです。

 今回は、GMailで未読メールだけを抽出する方法をメモとして残しておきます。

  1. GMailのサイトを開き、ログインしていなければ、自分のアカウントでログインする。
     ☆ 今回は、GMailの表示形式が簡易HTML形式になっているものとして開設します。
     なっていない場合、もしくは、GMailのページの一番上に「簡易 HTML 形式」というボタンがある場合は、そこでEnterキーを押して、簡易HTML形式に切り替えてください。
  2. GMailのページが開いたら、Tabキーで「検索」というエディットボックスを探す。
  3. そこに
    is:unread
    という文字列を入力し、「メールを検索」というボタンをTabキーで探し、Enterキーを押す。
     ☆ この辺の操作は、スクリーンリーダーにより、若干異なる場合があります。
     PC-Talkerでは、F2キーを押して、上記の文字列を入力した後、Enterキーを押し、Tabキーで『メールを検索」というボタンまで行き、Enterキーを押してください。
     NVDAの場合は、「検索」というエディットボックスに上記の文字列を入力した後、そのままEnterキーを押すことで、「メールを検索」ボタンが押されます。
  4. すると、未読メールが抽出された閲覧ページが表示されるので、普段メールを閲覧するときのように、各メールを閲覧する。
     ☆ 閲覧捜査については、ここでは省略します。

 ちなみに、余談になりますが、表示されているメールの前にあるチェックボックスにチェックを付け、ページの下の方にあるコンボボックスで、「既読にする」を選択し、「実行」というボタンを押すと、メールをまとめて既読にすることができます。

 ということで、今回は以上です。