Windows10で「Windows Media Player」を利用できるようにする方法

技術的な話

 どもです。

 なぜか勝手にWindows Media Playerが無効になって、起動できなくなることがあるので、それを有効化するための方法を記載しておきます。
 ちなみに、無効化されると、スタートメニューの「すべてのアプリ」には表示されなくなります。
 また、Explorerで「C:\Program Files\Windows Media Player」を開いても、それらしきファイルはなくなってしまいます。
 ってことで、以下、その手順です。

操作手順

  1. Win+Iを押して、Windows10の設定画面を開く。
  2. Tabキーを1回押して、「システム」とかと読み上げたら、上下左右の矢印キーを使って、「アプリ」を探し、Enterキーを押す。
  3. 画面が開いたら、Tabキーを押して、「オプション機能の管理」と読み上げるところを探し、見つかったらEnterキーを押す。
  4. さらにTabキーを押し、「機能の追加」というところを探し、見つかったらEnterキーを押す。
  5. Tabキーを押すと、リストにフォーカスされていると思うので、上下矢印キーで「Windows Media Player」を探し、Enterキーを押す。
  6. Tabキーを押すと、「Windows Media Player」というチェックボックスがあるので、スペースキーでチェックをつける。
  7. さらにTabキーを押すと、「インストール (1)」というボタンがあるので、Enterキーを押す。
  8. 画面が切り替わり、Tabキーを押すと、インストール中の機能が表示されているリストボックスがあるので、その中の「Windows Media Player」の項目が「インストール済み」になっていれば、インストールは完了している。
  9. 後は、通常通りWindows Media Playerを利用すればよい。

まとめ

 ということで、これで、、Windows Media Playerが使えるようになります。
 なぜかWindows Media Playerが使えないという方は、参考にしてみてください。

 ということで、今回は以上です。