スクリーンリーダー切り替えツール ~SCRChanger~ Ver.1.17をリリース

 どもです。

 スクリーンリーダー切り替えツール ~SCRChanger~のVer.1.17をリリースしました。

アップデート内容

  1. PC-Talkerのインストール先が固定化されていたため、念のため環境変数からインストール先を取得するように変更。
  2. タスクトレイのアイコンで左クリックしたり、Enterキーを押したりした際にメニューが表示されるようにした。
  3. DLLを更新。
  4. 取扱説明書を修正。

今回のアップデートについて

 まず、今回のバージョンから、PC-Talkerのインストール先フォルダを環境変数から取得できるようにしました。
 一応規定のインストール先にインストールされていなくても大丈夫になったはずです。
 ただ、PC-Talkerのインストール先って変更できない気がしているので、今までのままでもいいと思うんですけどね。

 それから、今回のバージョンから、タスクトレイにある本ソフトのアイコンで左クリックしたり、Enterキーを押したりした際にメニューが表示されるようにしました。
 今までは右クリックにしか対応していなかったので、少し使いやすくなったかな?と思っています。
 実は、この機能、今までにも搭載しようとしたことはあったんですが、1つどうしても解決できない現象があってあきらめていました。
 ですが、ようやくその現象を解決できたので、なんとか搭載することができました。

 ということで、今回は以上です。
 なお、まだ利用したことがないという方は、陸の部屋からダウンロードできますので、1度利用してみていただけると幸いです。

 それでは。