SimpleClock Ver.1.02をリリース

自作ソフト更新情報

 どもです。

 「SimpleClock」のVer.1.02をリリースしました。

アップデート内容

  1. 読み上げコマンドがNVDAとSAPI以外のスクリーンリーダーで利用できなかったバグを修正。
  2. ストップウォッチ画面を表示するホットキーを登録してもホットキーが動作していなかったのを修正。
     ホットキーを追加するだけして、ほったらかしになってた。
  3. ホットキーの保存方法を変更。
     なお、すでに設定したホットキーは、自動的に変換されます。
  4. 複数の項目に同じホットキーを設定できてしまっていたため、きちんと重複チェックするように修正。
  5. 設定画面の「ホットキー」カテゴリの各項目でスペースキーを押すことで、簡単にホットキーの有効・無効を切り替えられるように変更。
  6. 一部のデータの読み込みタイミングとかを調整。

今回のアップデートについて

 今回は、かなりいろいろ修正しています。

 まず、NVDAとSapi以外の読み上げソフトで、読み上げコマンドが利用できていなかったのを修正しました。
 リストボックスでF2キーを押した際などにPC-Talkerとかで読み上げされなかったのが治っていると思います。

 それから、ホットキー周りをいろいろ修正しました。
 前回のバージョンでストップウォッチを表示するホットキーを追加したのに、動作していなかった点を修正しました。
 また、ホットキーの設定保存時に他のホットキーと重複していないかチェックするように修正したりしています。
 他にもいろいろ修正していますが、詳しくは、上記の更新履歴をごらんください。

 ということで、今回は以上です。
 なお、まだ利用したことがないという方は、陸の部屋からダウンロードできますので、1度利用してみていただけると幸いです。

 それでは。