Skypeのグローバルホットキーを無効にする方法

 どもです。

 SkypeのVer.8.60あたりから、Skypeのウィンドウにフォーカスしていなくても、Ctrl+EやCtrl+Mといったキーが動作してしまい、困っていたので覚え書き。

操作手順

  1. Skypeを起動する。
  2. Ctrl+コンマで設定画面を開く。
  3. Tabキーで「全般」というところまでいき、Enterキーを押す。
  4. さらにTabキーを押して、「グローバル ホットキー, グローバル ホットキーを使用すると、アプリが最小化されているときやアクティブでないときに、Skype の操作を実行できます。」というところまでいき、スペースキーを押して、チェックを解除する。
  5. Alt+F4で設定画面を閉じる。

おまけ

 この機能、本当に困っていたので、なんとかできないかと思って、ここ1週間くらいいろいろやっていました。
 特に、Ctrl+Eを押してしまうと、強制的に通話が終わってしまうので。
 そこで、Ctrl+EやCtrl+Mといったホットキーを登録してSkypeを起動するアプリを作ったりいろいろしていたのですがうまくいかず。
 しかし、何気なく設定画面を除いたら、上のような設定があり、作ったアプリが水の泡になってしまいました…。
 まあ、一部うまく動かないことがあったので、Skype側で無効化できるということで、これで良しとします。

まとめ

 ということで、Skypeのグローバルホットキーを無効にする方法でした。
 よろしければ、1度お試しください。

 ということで、今回は以上です。

 それでは。